EDについて

男性性機能障害の一種であるEDについて、今回は説明します。

EDについて

EDとは?

EDとは勃起不全のことで、正式名称Erectile Dysfunctionの略称でED(イーディー)と呼ばれています。
1998年に20代~60代の男性を対象に行われた日本の調査によると、
勃起しない…
勃起が持続しない…
満足に硬くならない…
などの理由から1130万人以上の人がEDの自覚があり、性生活に満足していない、不安があると感じていることが分かりました。
これは日本人男性の4人に1人の男性がEDに悩んでいるということになります。
年齢で見ると、40代の5人に1人、50代の2.5人に1人という数字です。
この数は決して少なくなく、EDは年齢に関係なく男性であれば誰でも起こり得る可能性のある身近な病気であることを示しています。
しかし、こうしたEDについて自覚がある方の中で治療を行っている人の割合は5%にも満たないとされています。
これはEDの治療を積極的に行っているアメリカと比べると10分の1という低水準なのです。

EDの症状

なかなか勃起しない、途中で萎えてしまったなどの理由により性行為の時に困ってしまったという経験はありませんか?
全く勃起しない場合はもちろんEDであると言えますが、性的欲求、興奮があるにも関わらず、勃起時の硬さがない、短時間で萎えてしまい勃起が持続しないなど、勃起に何らかの問題があることで性行為に支障が出てしまう場合、全てにおいてEDであると言えます。

例えば、性行為の最中に、なかなか完全に勃起しないので勃起するまで挿入を待った。
挿入している途中で萎えてしまってそれ以降勃起しなかった。
などの経験はありませんか?
それは軽度のEDであると判断することができます。
こうした状態を繰り返し放置していくと全く勃起しない重症のEDに繋がってしまう恐れがあるのです。
これらの症状に年齢は関係しません。
毎回の性行為ではないけれど、時々満足な勃起ができないといった場合でもEDである可能性が高くなります。
もちろん、疲れや体調によって不調を引き起こすこともありますが、頻発する場合はEDを疑った方が良いかも知れません。

EDの原因

EDの原因は心因性、器質性、混合性、薬剤性があります。
いずれの場合も放置してしまうと、陰茎の血流低下や性機能不全の状態が続くことで陰茎の血管萎縮、筋肉細胞萎縮に繋がります。
これによりさらに勃起しにくくなり、完全に勃起しない重症な状態へ深刻化してしまうのです。
このように重症化させないためにもEDは早めの治療が重要であることが分かっています。

例えば、性行為の最中に、なかなか完全に勃起しないので勃起するまで挿入を待った。
挿入している途中で萎えてしまってそれ以降勃起しなかった。
などの経験はありませんか?
それは軽度のEDであると判断することができます。
こうした状態を繰り返し放置していくと全く勃起しない重症のEDに繋がってしまう恐れがあるのです。
これらの症状に年齢は関係しません。
毎回の性行為ではないけれど、時々満足な勃起ができないといった場合でもEDである可能性が高くなります。
もちろん、疲れや体調によって不調を引き起こすこともありますが、頻発する場合はEDを疑った方が良いかも知れません。

以下、代表的な原因である心因性、器質性、混合性、薬剤性を解説します。

心因性ED
若い男性に最も多いケースです。
肉体的に勃起不全の原因はなく、心理的なことが原因で起こるケースです。
過去の性行為の失敗や恐怖などが原因で性行為にプレッシャーやトラウマを感じて いる場合であったり、直接性行為に関係のない日ごろの仕事や日常生活のストレスの影響によって起こるEDです。
様々な精神的なストレスが原因で、神経の性的な興奮がペニスに伝わらないために勃起障害が起こります。
器質性ED
血管障害や不慮な事故などにより身体の機能に障害や異常があり勃起が困難な状態です。
加齢や高血圧、糖尿病などの病気や生活習慣などによる動脈硬化、陰茎付近の外的手術によって血管や神経が損傷した血管障害によるものは血管性EDと呼ばれ、これは50代~60代の方に多く見られます。
同様に男性ホルモンであるテストステロンが加齢、飲酒、喫煙、ストレスによって勃起力が低下したものも、中年男性に多くみられる傾向にあるようです。
混合性ED
混合性EDは心因性EDと器質性EDの両方が混在することを指します。
薬剤性ED
精神安定剤や抗うつ薬、向精神薬、睡眠薬や降圧剤、胃潰瘍治療薬などを長期的に服用されている方に多く、これらの医薬品の影響によりEDを発症しているケースです。
EDの原因が医薬品にあると知らずに自分の性機能に問題があると勘違いすることで心理的にEDを悪化させてしまうケースも多く見られます。

こうした場合の症状はED治療薬を服用することで解決できることが多いです。
気を付けなければならないのは、薬剤性EDの場合、医薬品の飲み合わせ(併用禁忌薬)です。
さらに服用中の休薬や種類の変更、服用量の変更などにより病状を悪化させる恐れがあることです。
常用している医薬品があり、EDの症状を感じる方は必ず主治医に相談してED治療薬の服用を判断する必要があります。

EDの注意点

これまでに記述した原因以外にEDに繋がるのではないかと最近問題視されている身近な生活習慣があります。 近年、コロナの影響もあって人混みを避けるためや運動不足解消のために、自転車に乗る機会が増えた方も多いようですが、実はこの自転車がEDに繋がってしまうこともあるのです。
ちょうど股の下部分の会陰部にある動脈は陰茎海綿体に繋がっており、勃起に大きく関わる血管なのですが、この動脈が自転車に乗って長時間圧迫されることにより損傷をうけてしまうことがあるのです。
また、勃起機能に関わる神経も多く通っているため、神経障害によるEDを発症してしまう恐れもあります。
長く自転車に乗る機会があり、乗車中に会陰部にしびれなどを感じたことのある方は注意が必要かも知れません。
しびれは身体から出る異常のシグナルとなるので見逃してはいけません。
こうした状況を避けるために股の下に圧力がかからないフォームで乗る、サドルの種類を変えてみる、クッション付きのインナーパンツを履くなどの工夫をされると良いでしょう。

EDの改善方法

EDに悩んでいても、ED治療薬を飲むことに抵抗がある。
服用中の医薬品との飲み合わせが悪く服用することができない。
という方もいるかも知れません。
また、ED治療薬は使い続けることで改善される例もありますが、あくまでも対処療法という位置づけであり、根本的な解決にはならないといった理由からもED治療薬の服用を選択しない方もいらっしゃいます。

では、ED治療薬を服用しなくてもEDを改善することはできるのでしょうか。
結論から言えばED治療薬を服用せずにEDを治療することは可能です。
その方法にはいくつか種類がありますので、ご自身のEDの状態や原因、生活にあった方法を選択するのもよいかも知れません。

バキュームディバイス(陰圧式勃起補助具)

バキュームディバイスは陰茎にゴムバンドを巻いて陰茎に圧力をかけることで生理的な勃起ではない疑似勃起状態を維持する方法です。
エレックエイドシステム、VCD式カンキ、ベトコ、リテントの4種類があり、以前は雑貨として様々なお店で販売されていました。
しかし、1998年に厚生労働省により「医療用具として製造(輸入)承認及び許可が必要な器具」として指定されました。
また、保険適用外なので自費購入で約3万円となっています。

バキュームディバイスは臨床実験において機能性ED、器質性EDを合わせた270例のうち、有効性は85.6%、安全性は95.2%と有効性を示しました。
しかし、挿入前に器具を装着しなければならず、10分ほどの時間がかかることからスムーズな性行為を行えないというデメリットがあります。
また、陰茎に無理に血液を溜めこみ、ゴムバンドで締め付けることから痛みを感じる人も少なくありません。
装着に慣れ、使いこなせるようになった方は長く使い続けることが多いようですが、慣れる前に使用を諦めてしまう方が多いようです。

プロスタグランジンE1の陰茎海綿体注射

ご自身で注射を使って海綿体にプロスタグランジンE1を注入して勃起させる方法で、欧米では人気が高く広く普及しています。
注入するプロスタグランジンE1は小児の先天性の心疾患の治療にも使用されている医薬品で、安全性に問題はありません。
海綿体へ注射も使用法を守れば安全であることが証明されています。
ご自身で注射を行うので、痛みに不安のある方もいますが、極細針を使用するので痛みはほぼないとされています。
1回の注射で約4時間作用が持続します。
この方法は世界80カ国で承認されていますが、日本では認可を得られていないため、自己責任の治療となります。
ED治療薬の効果が得られない方、前立腺癌が原因によるEDの方、糖尿病性のEDの方など、これまで治療を断念されていた方も有効性を期待できます。

男性ホルモン補充療法(アンドロゲン補充療法)

この方法は男性ホルモンであるテストステロンが低下している方に有効な治療法です。
男性ホルモンのテストステロンはどんなに健康な人でも20代をピークに加齢と共に徐々に減少していきます。
テストステロンが低下すると、イライラする、うつ傾向になる、身体が疲れやすい、骨がもろくなるなど女性の更年期のように様々な症状を引き起こします。
その中の症状のひとつに性欲が減退する、勃起しにくくなるという症状も含まれます。
こうしたテストステロン低下が理由によるEDの場合、アンドロゲン補充療法が有効になります。

アンドロゲン補充療法は減少してしまったテストステロンを注射または外用剤によって補充する治療法になります。
この治療方はかなり効果が高く、現役の頃のように楽しめ、早朝勃起(朝勃ち)した!と驚く方が多くいらっしゃいます。
また、合わせてイライラ、うつ症状なども改善されます。
主に注射による治療がメインになり、男性ホルモンの低下がはっきりしていて、前立腺肥大症や癌のない方が選択することができます。
2週間~3週間に1度注射を行いますが、注射した直後から効果が現れる方が多く、治療期間は数か月~数十年単位まで個人差があります。

陰茎形成術及び血管手術

陰茎形成と言って、陰茎が曲がっていることで性交痛が起こったり、挿入できない、すぐに抜けてしまうなどの性交障害に繋がってしまう病気があります。
これは若い男性に多く、性行為がうまくいかないことで自信をなくし、心因性のEDになってしまうことがあります。
また、ペロニー病とも呼ばれる陰茎硬化症があります。
陰茎硬化症は海綿体に良性のしこりができる病気で、陰茎が曲がる、勃起障害になるなどの症状が現れます。
陰茎形成と同様に心因性EDに繋がってしまいます。
これらの場合、曲がってしまった陰茎をまっすぐにする陰茎形成術という比較的簡単な手術によって解決することができます。
血管性EDは海綿体からの血液流出が多く、血液が陰茎に留まらない状態のことを静脈性と呼びます。
この場合、深陰茎背静脈切除・陰茎脚結紮術という血液の流出を少なくする手術を行うことで解決し、約1年間持続します。
また、内陰部動脈、陰茎背動脈、海綿体動脈などの障害により起こるものは動脈性EDと呼ばれ、下腹壁動脈を用いたバイパス手術を行います。
動脈性は自転車のサドルにより圧迫されることが原因であることが多く、手術を受ける方は若い世代の方も多くみられます。

陰茎プロステーシス移植手術

陰茎プロステーシス移植手術はED治療の最後の方法とされており、陰茎海綿体注射に有効性が認められなかった場合など難治性のEDの方が行う手術です。
この手術を行った後には他の治療法を行うことはできないため、よく考えたうえで行う必要があります。
手術自体は比較的簡単で、陰茎に曲げ伸ばしのできるインプラントに移植するのみのシンプルな方法です。
局所麻酔で行うクリニックが多く、日帰り手術になる場合が多いようです。
年齢問わず行える手術なので80代の方が受けることもあるほどで、手術が成功すればほぼ100%で性行為が可能になりますし、普段の生活で陰茎部に違和感はないようです。 合併症になるリスクも比較的低い安全な手術であることも分かっています。

ED治療薬についてはこちら